日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)

給水塔がある団地の写真を撮っています。

岐阜県営宮代住宅

Posted by UC on  

s-DSC03335_DxO-1.jpg

完成:1977年(昭和52年)
管理戸数:200戸
撮影:2011年9月
岐阜県公共建築住宅課による紹介ページ
地図

東海道新幹線に乗っていると、米原-岐阜羽島間で南側に一瞬見える給水塔。
ほんの一瞬しか見えませんが、一度見たら忘れられない強烈なデザイン。
ぜひ近くで見てみたく、去年念願叶ってようやく見てきました。

s-DSC03380_DxO.jpg
全部で5棟、比較的小規模な団地です。

s-DSC03340_DxO.jpg
そしてこちらが給水塔の頂部。
円盤型給水塔の一種ですが、このカラーリングは他に類を見ません。

s-DSC03336_DxO1.jpg
基部に据えられた配管も綺麗に3色に塗り分けられています。

s-DSC03364_DxO.jpg
給水塔の脇にある遊具も同じく3色に。
こちらの青は給水塔より深い青ですね。

s-DSC03368_DxO.jpg
給水塔の前の門。もちろん立ち入り禁止です。

s-DSC03365_DxO.jpg
「給水施設」と書いてありました。

s-DSC03371_DxO1.jpg
やはり日本鋼管製。
塗装仕様まで書いてあるのは比較的珍しいです。
下塗りから上塗りまで書いてあって親切。

s-DSC03375_DxO.jpg
ほとんどの人が目にすることのないタンクの裏側まで丁寧に塗られています。
給水塔に対する敬意が感じられる素晴らしい仕事!!

s-DSC03331_DxO.jpg
新幹線の車窓と同じ方向から見るとこんな感じ。

s-DSC03349_DxO.jpg
昭和50年代の新しめな住棟なので、階段室の腰壁にアールが付いていたりします。

s-DSC03353_DxO.jpg
団地内広場の入り口には立派なテントのような屋根が架かっていました。

s-DSC03358_DxO.jpg

s-DSC03360_DxO.jpg
ここは給水塔も遊具も実にカラフルで素敵!

s-DSC03361_DxO.jpg
広場の舗装タイルもなかなか素敵。

s-DSC03333_DxO.jpg
立地的に実際に行くのはなかなか難しい団地ですが、新幹線から見えますのでご乗車の際はぜひ気にしてみてください。
関連記事
UC

2008年10月結党。 以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。

該当の記事は見つかりませんでした。