FC2ブログ

日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)

給水塔がある団地の写真を撮っています。

公団国分団地

Posted by UC on  

公団国分団地の給水塔
完成:1978年(昭和53年)
戸数:484戸
撮影:2009年12月、2013年5月
Googleマップ

長らく更新が滞ってしまいすみません。
まだまだ更新していきますのでよろしくお願いします。

さて、今回ご紹介するのは愛知県稲沢市にある公団国分(こくぶ)団地。
名鉄・国府宮駅から名鉄バスで10分ほどのところにあります。

公団国分団地の案内板
全10棟で中央に給水塔と緑地、その左右に住棟が並ぶ分かりやすい配置。


公団国分団地スキップフロア住棟
1・2・10号棟は8階建てのスキップフロア住棟。


公団国分団地の波打つバルコニー
スキップフロア住棟のバルコニーはご覧のとおり、うねうねと波打っています。


公団国分団地中層棟
3~8号棟は5階建ての中層棟。


公団国分団地専用庭
そのうち、3~5号棟は専用庭付き!庭いじりの好きな人には良いですね。


公団国分団地の藤棚
中央の公園には木漏れ日の心地良い藤棚があります。


公団国分団地の遊具
公園といえば動物遊具ですが、これは…。ヘビ?


公団国分団地給水塔と公園
ここまで見てきた住棟群を両脇に従え、公園の前にデンと構えているのがこちらの給水塔!


公団国分団地水たまり
初めて訪れた5年前は前日に雪が降り、解けた雪で水たまりができていました。


公団国分団地の逆さ給水塔
こういう時だけ現れる"逆さ給水塔"。

給水塔の形状としては角張っていてボックス型に近いものの、頂部付近に“くびれ”があるので変則的ですがとっくり型の一種に分類したいと思います。
こんな形のとっくり、あったら使いにくそうですが。


公団国分団地給水塔の頂部
“くびれ”の部分を境に、四角柱を90度ずらしたような独特の形。
団地のシンボルとなるような、他にない特徴的な形状にしようという設計者の心意気が感じられて嬉しくなります。


公団国分団地給水塔の緑色部分
頂部は分かりやすい特徴ですが、もうひとつ、分かりにくい特徴があります。
それはカラーリング。
塔体下半分の薄茶色は誰が見ても分かりますが、くびれより下の塔体上半分は実は薄い緑色になっています。
本当に薄い色なので、日光が強く当たっていると白にしか見えません。


公団国分団地芝生をたいせつに
給水塔の周りは芝生。給水塔もたいせつに。


公団国分団地スキップフロアと給水塔
近くのショッピングモールの駐車場から。

東海道新幹線に乗っていると、東側の窓からこれとほぼ同じ風景が見えます。
新幹線乗車の際はぜひ気にして見てください!
関連記事
UC

2008年10月結党。 以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。

該当の記事は見つかりませんでした。