日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)
  1. Top
  2. » 公営住宅の給水塔
  3. » 東京都営谷在家アパート

東京都営谷在家アパート

P1050661_edited.jpg

完成:1968年(昭和43年)
戸数:578戸
撮影:2009年1月
地図

今回は久しぶりの円盤型給水塔。
関西では少ないタイプなのでなかなか巡りあうことができません…。
今回ご紹介するのも東京都営住宅のもの。
谷在家は“やざいけ”と読みます。

P1050664.jpg

水槽部分のみ塗られた淡いグリーンが清清しい印象を与えてくれます。
同じ円盤型でも、以前紹介した名古屋市営戸田荘とは大違い。

色彩感覚はまるで違う両者ですが、共通点もあります。
それがこれ。

P1050633.jpg
給水塔下部に取り付けられたプレート。これはもしや…

P1050634_edited.jpg

戸田荘にあったものと同じように、給水塔の詳細データが記載されていました。
日本鋼管製である点も同じ。
戸田荘の記事を書いた際は名古屋市の方針によるものと思っていたのですが、これはどうやら給水塔製作者である日本鋼管(現JFEエンジニアリング)の手によるもののようです。
こういったデータがあると他の給水塔と比較できて楽しいですね。
それにしても昭和45年3月竣功ということは戸田荘と全く同じなわけですが、谷在家アパートの完成年は昭和43年なので2年間も開きがあります。
その間の給水方法はどうなっていたんでしょうか?
ちょっと気になります。

P1050665.jpg
給水塔の足元には大量の“屈曲部”と“分岐点”と記された柱が。

P1050649.jpg
案内図。
給水塔のある位置には“給水塔”ではなく“受水槽”の文字。
間違いではないけどそこは給水塔と書いてほしかった。

P1050658.jpg
給水塔の隣の12号棟。かっこいい!

P1050643.jpg
両者の競演に惚れ惚れ。

P1050625.jpg

この日は時間がなかったので、12号棟以外にはこの店舗付きの5号棟以外住棟の写真を撮れませんでした…。今度行った時は他の住棟もしっかり撮影したいです。

P1050621.jpg

最後に、日暮里・舎人ライナー谷在家駅の階段から。
駅から歩かずとも給水塔が見える距離。
去年開業した日暮里・舎人ライナーのおかげで交通の便は大分良くなったようです。
関連記事

Comment

Comment Form
コメントの投稿
HTMLタグは使用できません
ID生成と編集に使用します

Page Top

Trackback

Trackback URL

https://kyusuitou.blog.fc2.com/tb.php/58-5c7df44a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Page Top

日本給水党と党首について

UC

党首:UC
2008年10月結党。
以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。
→もっと詳しく

よくある質問と答え

団地愛好家集団
チーム4.5畳
の一員として、団地イベントの開催や団地ラジオの配信等をやってます。

給水塔形状別の団地一覧
掲載済み団地一覧
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ

タグリスト
リンク