日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)

給水塔がある団地の写真を撮っています。

公団千里山団地

Posted by UC on  

P1090730.jpg

完成:1957年(昭和32年)
戸数:1,061戸
撮影:2008年7月、2009年1月、4月、10月

地図

しばらく更新が滞っていましたが、ぼちぼち再開したいと思います。
仕切りなおしの今回は、先月ダンパクFを開催いたしました千里山団地です。

P1080874.jpg
給水塔の立っている場所はこのように他より高くなっています。

P1130376.jpg
ダンパクFで展示されたみしざわさん製作の模型。
地形まで再現されているので、給水塔が最も高い位置にあるのが一目瞭然!

P1090726.jpg
給水塔の下は公園。ただしバーベキューは禁止。

P1090724.jpg
別の角度から。

今までの分類には収まらない、独特の形状をしています。
剣(日本刀のような片刃のものではなく、両刃の物)に似ている気がするので剣(つるぎ)型と名付けてみましたがいかがでしょう?

P1080816.jpg
最寄り駅は阪急千里山駅。ホームからもう団地が見えてます。

P1080818.jpg
お買物は千里山マーケットで。

P1080929_edited.jpg
黄色が賃貸で青色が分譲。住棟番号表記がなくて分かりにくいのはご愛嬌。

P1080841.jpg
桜の名所としても有名な団地です。

P1080835.jpg
霧が丘・星が丘・虹が丘の3地区に分かれており、住棟番号にもこのように明示されています。

P1080934.jpg
千里山というだけあって起伏の激しい地形。なのでこのように坂に合わせて階段形になった住棟が見受けられます。以前ご紹介した中では米本団地にもありました。

P1080932.jpg
坂道を見上げる。

P1080892.jpg
坂道を見下ろす。

P1080956.jpg
給水塔とともに団地のシンボル的存在、スターハウス。

P1080869.jpg
もひとつスターハウス。

P1060192_edited.jpg
珍しいサンルームつき住棟。

P1090733.jpg

ダンパクFでもお話しましたが、この千里山団地は僕が団地に興味を持つきっかけとなった大阪市営古市中団地と同じ建築家・久米権九郎氏が設計に携わった団地です。その久米氏は生前、大阪に訪れる度にこの千里山団地と古市中団地に行き、団地の育っていく様を楽しんでいたそうです。
建替えで無くなる古市中団地を何も記録できなかった悔いから始まった党活動ですが、今回久米氏が同じように愛情を注いだこの千里山で喋らせてもらえたのは、望外の幸運でした。ダンパクFに携わった皆様、そしてお越しいただいた皆様、あらためて本当にどうもありがとうございました。

P1040673.jpg
関連記事
UC

2008年10月結党。 以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。

該当の記事は見つかりませんでした。