FC2ブログ

日本給水党(団地給水塔鑑賞ブログ)

給水塔がある団地の写真を撮っています。

公団新多聞団地

Posted by UC on  

sintamon3.jpg

完成:1974年(昭和49年)
戸数:2,904戸
撮影:2009年7月
地図


兵庫県内の公団住宅の給水塔には、団地名が書かれている物が多く見られます。
しかしこの新多聞団地では、団地名の下にさらに何やら数字が書かれています。
そう、これは何とこの給水塔が給水している住棟の番号なのです!
各棟の住民に「この給水塔のおかげで水が使えるんだ」と給水塔のありがたさを知らしめるため
…ではなく、管理上の都合なのでしょう、きっと。
ともあれ、給水している住棟を明記している給水塔は珍しいのではないでしょうか。

P1110879_edited-1.jpg

この給水塔周辺の案内板。
給水塔には書かれていない177棟がありますが、これは住棟ではなく集会所です。
さて、この案内板の中で一際目を惹くのはほぼ中央にある“原生林”ではないでしょうか。

P1110895.jpg

これがその原生林。
いまいち分かりにくい写真で申し訳ありませんが、鬱蒼としていました。

P1110885.jpg
アスレチック遊具が設置され整備されたエリアも、ご覧の通り木々が繁っていました。

P1110868.jpg
子供用のプールもあります。


P1110827.jpg

さて、この新多聞には大きく分けて3つの地区があります。
先ほどご覧いただいたのは西側の地区。
お次は真ん中の地区をご紹介します。

sintamon1.jpg

こちらが真ん中の地区の給水塔。
同じく給水している住棟番号が書かれています。
先ほどの給水塔にはUDC(都市基盤整備公団)のロゴマークがありましたが、
こちらはさらに古い住宅都市整備公団のロゴ付き。

P1110762.jpg
住棟にも同じく住都公団ロゴが。

P1110744.jpg

こちらの棟にはカニの住棟壁画が。
広い新多聞団地ですが確認できた住棟壁画はこの1枚のみでした。

P1110734.jpg
古そうな太陽電池時計。

P1110763.jpg
あじさいが見頃を迎えていました。

P1110764.jpg
銘板発見。
マンモス団地の割には控えめな銘板。

sintamon2.jpg

一番東側の地区の給水塔。
やはり住棟番号が書かれていますが、窓が正方形だったりラインが真ん中ではなく側面に書かれていたりと、
他の2基とは若干違うデザインになっています。

P1110804.jpg

広場と給水塔。
こんな立派な給水塔の下で遊ぶ子供は立派に育つに違いない!?

P1110778_edited.jpg
実は団地のほぼ中央に1棟だけ高層棟があります。

P1110834.jpg
そしてその隣りの本多聞公園からは高層棟と給水塔が見えて…って何か手前に変なのが写ってますね。

P1110832.jpg
その正体は井上麦さんという方の「地表より-forest」という彫刻作品。

P1110836.jpg
心なしか、この作品も給水塔を見ているような気がしてきます。
関連記事
UC

2008年10月結党。 以来、世間一般からはもちろんのこと、団地鑑賞界においても給水塔鑑賞界においても傍流に置かれがちな“団地の給水塔”の地位向上を目指し活動している。

該当の記事は見つかりませんでした。